積水ハウス エネファーム 価格

積水ハウスのエネファームの価格について

今回は積水ハウスのエネファームの価格について簡単にまとめてみます。

 

 

 

まず、エネファームという言葉は知っているものの、エネファームの仕組みやエネファームを導入することでどのようなメリット・デメリットが生じるのかご存知でしょうか。

 

 

 

エネファームとは、家で使う電気やお湯をガスでつくりだすシステムのことを言います。
エネファームでつくった電気やお湯ですが、電気は照明や家電製品に、お湯はキッチンやお風呂にと暮らしに活かすことができるため、創エネに繋がり家計にも優しい暮らしが実現します。

 

 

 

エネファームを導入することで、発電する分の電気代を節約できたり、環境にも優しい、ガス会社によってはガス料金の割引が受けられたリ、雨や曇りの日でも安定的に発電できるという嬉しいメリットがあります。

 

 

 

一方で、補助金制度を利用しても製品自体の価格が高い、太陽光発電システムと違い余った電力を電力会社へ売電することができないなどのデメリットがあり、エネファームの導入にあたり問題になるのが価格ではないでしょうか。

 

 

 

 

現在、エネファームは複数の製造メーカーから販売されており、メーカーによって異なりますが共通点としては価格は200万円以上するということです。

 

 

 

 

エネファームの普及に向けて補助金制度が設けられていますが、補助金制度を利用してもエネファームの導入にはお金がかかるようですが、積水ハウスでエネファームを導入された方々の価格を調べてみました。

 

 

 

 

『積水ハウスで建てた者です。
数年前の情報になりますが、契約時はエネファームが約190万円、国からの補助金が50万円、積水ハウスからの補助金が70万円でした。
その直後に国からの補助金が45万円に減額されてしまったのですが、その分は積水ハウスさんが負担してくれました。』

 

 

 

 

『2012年度に積水ハウスで建て、その時にエネファームを設置した者です。
確か見積金額は約250万円でした。
国からの補助金80万円と積水ハウスからの補助金10万円がありました。
積水ハウスの補助金に関しては予算もあるようですから現在もあるのかは分かりませんが、補助金申請の手続は全て代行でやってくれたので楽でした。』

 

 

 

 

ちなみに、エネファームの特典としてガス会社が床暖房を無料で付けてくれたそうです。

 

 

 

積水ハウスの価格|マイホーム購入ポイントのTOPページへ戻る