住宅ローン 金利

住宅ローンの金利は年数によって異なる

住宅ローンの金利を見ていると、年数によって金利が異なっていることに気づくはずです。そして年数が多くなるほど金利が高く設定されていることを知ることになります。

 

実は住宅ローンというのは年数によって金利設定を行っており、その年数で返済できることを前提にお金を借りることが出来るのです。

 

 

また変動か固定という部分も金利には大きく影響してきます。変動金利の場合は最低の数字と最大の数字が記載されており、借りる金額や年数によって変動するタイプとなっています。

 

 

場合によっては1%以下で借りることができます。一方固定金利はこれだけの期間は固定で借りられるという利点はありますが、一般的に金利はやや高めに設定されています。ただ住宅ローンの場合は変動より固定の方がいいとされています。

 

 

とにかく小さい金利でお金を借りたいのであれば変動型の方がいいと思いますが、変動の場合は色々なリスクを背負うこととなります。リスクを減らしたい場合は固定の方が使いやすいと思いますし、多くの銀行は固定で提供していますのでそちらの方がいいかもしれません。

 

 

特に住宅ローンを初めて利用する場合は固定の方が安心できます。

 

 

金利というものをしっかり理解して住宅ローンを利用することが重要となります。そして比較というものを行って少しでも小さい所を選んだほうが利用しやすいのは確かです。利用しやすい環境にあることは勿論のこと、金利がどのように適応されるのかよく考えなければなりません。

 

 

積水ハウスの価格|マイホーム購入ポイントのTOPページへ戻る